main_edited.jpg
doourbit.png
黒四角.png
黒四角ロゴ.png

黒四角

BLACK SQUERE

一枚の絵が紡ぐ、時を超えた儚い愛の記憶 

60年前、あの大陸で何があったのか―

中国・北京の芸術村で暮らす画家のチャオピンは、画廊で「黒四角」という名の、黒一色に塗りつぶされた絵を目にする。翌日、チャオピンは空を飛んでいく黒い物体を発見し、それに誘われて荒涼とした大地にたどり着く。そこで突然現れた裸体の男。男は自分の名前さえ憶えておらず、どこから来て、どこへ向かうのかも分からないと言う。しかし、チャオピンとその妹のリーホワは、既視感を覚え、遠い記憶の中に男の面影を探そうとする――。そして物語は60年前、悲惨な戦争に従軍した日本兵と中国人兄妹の切ない愛と友情の記憶へと変転していく。

 

近くて遠い国・中国で、ひとりの日本人監督が作り上げた問題作。 中国本土での公開は未だ認められぬなか、ついに日本での公開が実現。

釜山国際映画祭グランプリ『タイムレス・メロディ』(00)、ロッテルダム国際映画祭・最優秀アジア映画賞『波』(01)、『青い車』(04)の奥原浩志監督、5本目の長編作品。独特の空気感で人と人との関わりを描いてきた奥原は、2008年に文化庁の在外研究制度で中国へ渡る。反日デモが吹き荒れるなか、中国のインディーズ映画人らと積極的に交流し、日中気鋭のスタッフを集め、本作の製作を始める。スタッフを集め製作した本作は、2012年の尖閣諸島問題がまさに先鋭化するなか行われた東京国際映画祭で、ワールド・プレミア上映された。日本と中国の「戦争と現在」という危ういテーマを扱った本作は、未だ中国本土での公開が認められていない。両国の猜疑と反目が深まる今、監督・奥原が伝えたかった想いとは――。

 

『2001年宇宙の旅』のモノリスを彷彿とさせる 

“黒四角”が私たちを導く。

物語の鍵となるのは「黒四角」という名の一枚の絵だ。空に浮遊するそれに誘われるように、荒野にたどり着くチャオピン。そして、突然現れる裸体の男。男と出会ったことにより、チャオピンは不思議な世界へと導かれていく。この男は一体誰なのか?何を意味するのだろうか?過去の作品にない大らかなユーモアと、過去の作品以上に切ない叙情に満ちている本作は、主人公が裸で登場し、ユニークな人物と関わるうちに、前世の愛が繙かれるという展開になっている。

あらすじ

過去、現在、未来・・・僕は君にあったことがある。

 売れない芸術家チャオピンは、ある画廊で高額の買い手がついたという「黒四角」と名付けられた、黒だけで描かれた一枚の絵に強く惹きつけられる。その翌日、彼は不思議な体験をする。空中を浮遊する黒い直方体の物体を目撃してしまったからだ。彼はその物体に誘われる様に追う内に、人気の無い無機質な荒野に辿り着く。そこで彼は、衝撃的な光景を目撃する。全長5〜6メートルはあろうか、あの黒い物体が忽然と立ちはだかっている。その中から、全裸の男が現れて….。果たして男の目的は?「黒四角」が現れた理由は? チャオピンと妹リーホワを巻き込んで、ミステリアスな男との、記憶と幻想の壮大なタイムリープストーリーが展開される。

キャスト 

中泉英雄(黒四角)

鈴木美妃(ハナ)

ダン・ホン(リーホワ)

チェン・シーシュウ(チャオピン)

ゴウジー

ジャン・ツーユー

ワン・ホンウェイ

 

スタッフ 

監督・脚本・編集: 奥原浩志

プロデューサー: 李鋭奥原智子

撮影監督: 槙憲治

照明: 高根沢聡志

美術: 高鵬

録音] チャン・ヤン

音楽: サンガツ

製作年: 2012年

製作国: 日本=中国

初公開時配給: 太秦

上映時間: 144分

製作会社: 星空壹禾影視發展有限公司

POSTER

黒四角ポスターイメージ.png

MOVIE

予告編

カアン・ミュジデジ監督からSTAY HOME MESSAGE

GALLERY

DVD

黒四角_ジャケット画像.jpg
logo_edited.png

TO BOOKSより発売中

VOD

LIVINGROOMTHEATER_LOGO.png
8d87378e-82b3-4d9e-aa27-bc8f203ef23b_edi
316KlVKkYiL.jpg
7ff76a5e0afdc845089fb3e10c5c8ddc.png
2ed41e2d65b92e1b2efffc86df24c1a3_edited.
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram