top of page
500円.png
TOP
ASHORTSTORY_LOGO.png
ビリング.png
RLF_LOGO_BLACK.png
かんめい.png
INTRO.png
story.png
DIRECTOR.png
THEATERS.png
movie.png
LONGDAYS.png
altdesign.png
INTRODUCTION

中国の奇才ビー・ガン監督 ─

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』

から5年。

カンヌ国際映画祭で突如発表した

15分のショートフィルムが、

奇跡の世界初単独劇場公開へ。

2022年カンヌ国際映画祭短編部門で突如発表されたビー・ガン監督待望の最新作は、彼のポエティカル、かつ寓話的世界観が凝縮された、わずか15分のショートフィルムでした。

黒猫に案山子、ロボット、悪魔といったアレゴリカルエレメンツを登場させ、実存する原風景の中に人工的、未来的なセットを融合させることで、ビー・ガン特有の既視感にも似た映像空間が浮かび上がってきます。

2024年にビー・ガン監督が着手する最新作『Resurrection』では、フューチャリスティックなイメージが展開されるSF映画になる予定で、本作ではその片鱗を感じることができます

IMG_4186_edited.jpg

業界初の試み、

ワンコイン(500円)で観れる

​アートフィルム!

元々この短編は、中国・上海を拠点にパリなどで商品展開をする猫グッズのブランド、Pidan(ピダン)の依頼によって制作されたものでした。

しかしこの作品のクオリティーの高さに、『アネット』や『Rodeoロデオ』のプロデューサーであるシャルル・ジルベール、エリック・ロメールが設立した製作会社であるレ・フィルム・デュ・ロサンジュ社が着目し、カンヌでの世界公開を切望したため、今回の一般劇場での公開が実現しました。

アメリカでは今年、ビー・ガン監督の前作『ロングデイズ・ジャーニーこの夜の涯てへ』のリバイバル公開の併映作としてシアターリリースされましたが、本作単独での劇場公開は日本が世界初となります。

本作は業界初の試みとして、ワンコイン(500円)興行を行うことでも、大きな話題となっています。

IMG_4215_edited.jpg
STORY
IMG_4215_edited.jpg

Bi Gan | A SHORT STORY

​おはなし

IMG_4189_edited_edited.jpg
IMG_4189_edited_edited.jpg

孤独で変わり者の黒猫は、

 自由になりたいカカシに尋ねました。

「この世の中で、一番大切なものは?」

 答えに困ったカカシは、

 黒猫に三人の奇人と会うように進言します。

​その三人の奇人とは?

IMG_4219.JPG
IMG_4219.JPG

ほろ苦さと引き換えに、

めずらしい(甘い)飴を配るロボット。

IMG_4173_edited.jpg
IMG_4173_edited.jpg

愛する人を忘れるために、

食すると記憶が短くなるという麺を啜る女。

IMG_4201.JPG
IMG_4201.JPG

時間を操る魔法を使えるようになりたくて、

劇場に棲みついた悪魔。

IMG_4184.JPG